Open Access Week

SPARC Webcastを見て、オープンアクセス週間イベントの着想を得よう

(This is a translated version of “Open Access Week – October 19-23, 2009” blog post. Thanks to Liz Allen and Donna Okubo. Translated by Kanako Honma)

A SPARC Webcast – The home-field advantage: A report on 2008 OADay events at Duke

2009年6月25日(木)午前11時(太平洋標準時)
約1時間、録画あり 参加無料

新聞「Financial Times」のコメンテーターとしても有名なDr. James Boyle(法学教授)は、研究を公に開かれたものにするべきであるという持論を、歯切れ良く語ることで有名です。一方Josh Sommer は忍耐強い学生であると同時に、Chordoma Foundationの出資者の一人です。彼はDr. Boyleのような社会的貢献をしようと、つまりオープンアクセス研究に身を捧げようと奮闘しています。

デューク大学は非常に恵まれていました。キャンパスにDr. BoyleやJosh Sommerのような魅力的な人物がいて、図書館員は2008年の「オープンアクセスの日」企画を考える時、早々にこのデューク大学の「地の利 (home-field advantage)」を活用することができたのです。

来たる6月25日、デューク大学医学図書館 (Duke Medical Center Library)の教務主任Pat Thibodeau氏と、学術コミュニケーション担当のKevin Smith氏が我々に加わって、(2008年の)「オープンアクセスの日」イベントについてのWebcastを行います。昨年、Dr. BoyleとJosh Sommerにスポットライトを当て、ロースクールや医学部、図書館からもスピーカーを迎えた彼らは、「オープンアクセスの日」についてオープンに語ってくれることでしょう。イベント現場や(「オープンアクセスの日」に同時放映された)Webイベントを通して実感したことや、「オープンアクセスの日」について人々の関心を喚起するために使用した図表やビデオも見ることができるでしょう。彼らとアイデアを共有したり、2009年10月に行われるオープンアクセス週間に何からかの形で参加したい人々は、ぜひ今回のWebcastをご覧ください。
(本イベントは既に終了済みです。Webcastの様子はこちらでご覧いただけます↓)

なおデューク大学での「オープンアクセスの日」の様子は図書館員によるブログ「Libraries’ Scholarly Communication blog」に取り上げられています。また当日のプレゼンテーションは「Videos of the Duke presenters」にて、ビデオが公開されています。

オープンアクセス週間(2009年10月19-23日)の準備の一環として行われるこのWebcastでは、OASIS(the Open Access Scholarly Information Sourcebook)本サイトのOASIS紹介エントリ)の公開についても取り上げます。昨年から始まった年に1回のオープンアクセスイベントは、世界中の研究者コミュニティや一般の人々に、研究成果を誰でも見れる形にすること(オープンアクセス)について、認識と理解を広める機会を提供しています。2008年に「オープンアクセスの日イベント」が開かれた拠点は、27カ国170ヶ所にのぼります。さらに今年はイベントの期間が1日から1週間に拡大します。

今年のプログラムでは、オープンアクセスの教育リソースにハイライトを当てます。各国の主催者は自国の聴衆やタイムゾーンに合わせて、プログラムの中身をカスタマイズできます。オープンアクセス週間はSPARCthe Public Library of Science, Students for Free Culture, eIFL, OASIS, and the Open Access Directoryによって開催されています(5団体中4団体が主に米国拠点の団体です)。オープンアクセス週間への参加を希望する方や、オープンアクセス週間について情報を得たい人は、是非またこのサイト(openaccessweek.org 日本語版はopenaccessweek.jp)をご覧になって下さい。

はてなブックマーク - SPARC Webcastを見て、オープンアクセス週間イベントの着想を得よう

Trackback URL

0 comments

There are no comments yet...

Kick things off by filling out the form below.

Leave a Comment